ホーム > 投資方針 > 環境方針


環境方針

大和証券オフィス投資法人及び資産運用会社である大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社は、環境への取り組みとして、2012年1月に環境方針を制定いたしました。

環境方針

私たちは、不動産分野における環境問題の重要性を認識し、企業の社会的な責任として、不動産投資運用事業をはじめ全ての企業活動において環境への配慮や環境負荷の削減等に関する継続的な取り組みに努めます。

1.省資源・省エネルギーへの取り組み
資源、エネルギーの効率的な利用を積極的に推進するとともに、省資源、省エネルギーを目的とした技術やシステムの導入等により低炭素社会の実現への貢献に努めます。
2.環境保護への取り組み
企業活動の継続に際して、節水、リデュース(廃棄物等発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)に取り組み、循環型社会の実現への貢献に努めます。
また、生物多様性への配慮、環境との共生等を目指し、グリーン調達の推進、オフィスビルの緑化、環境整備等に努めます。
3.環境コミュニケーションの推進
環境に関する情報の積極的な開示に努めるとともに、社会との幅広いコミュニケーションを図り、テナント、地域、取引先等の皆様との連携と協働に努めます。
4.環境教育・啓発活動の促進
実効性の高い環境活動を実践するため、環境教育、啓発活動を実施し、社員の環境保全意識の向上に努めます。
5.環境関連法規制等の遵守
環境関連法令・規則をはじめ自社の環境方針等を遵守し、環境保全に努めます。

大和証券オフィス投資法人
大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社

環境への取り組み

GRESB 2017において6年連続となる“Green Star”評価を取得

大和リアル・エステート・アセット・マネジメントは、大和証券オフィス投資法人を対象として、2017年の「グローバル リアル エステート サステナビリティ ベンチマーク」(Global Real Estate Sustainability Benchmark (GRESB))の「GRESBリアルエステート評価」に参加し、「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面でサステナビリティに関する高い評価を受け、6年連続で最高位のカテゴリー“Green Star”の評価を獲得いたしました。

GRESBは、欧州年金基金を中心とした機関投資家等で構成された民間主導の国際的な組織であり、不動産ポートフォリオ(上場、私募及び直接投資を含みます。)のサステナビリティ・パフォーマンス分析を行うことを目的としています。

大和リアル・エステート・アセット・マネジメントでは、引き続きサステナビリティ・パフォーマンス向上への取組みに努めてまいります。
(GRESBに関する詳細については、https://gresb.com/をご参照ください。)

GRESB Green Star 2012 GRESB Green Star 2013 GRESB Green Star 2014
GRESB Green Star 2015 GRESB Green Star 2016 GRESB Green Star 2017

CASBEE不動産評価認証制度取得物件

物件名 所在地 評価ランク
グラスシティ渋谷 東京都渋谷区南平台町16番28号 Aランク(詳細) 2012年版
新宿マインズタワー 東京都渋谷区代々木二丁目1番1号 Aランク(詳細) 2014年版

グラスシティ渋谷、新宿マインズタワーは、CASBEE不動産マーケット普及版認証制度において、「Aランク」を取得しました。
建築環境総合性能評価システム(CASBEE)は、2001年に国土交通省主導のもと、オフィスビルなどの建物を対象に、環境性能が高く、良好にマネジメントされている環境品質・性能の高い不動産を総合的に認識・評価することを目的に創設された制度です。
「CASBEE不動産マーケット普及版」は、CASBEEにおける建物の環境評価の結果を、不動産評価の際に活用することを目的として開発されたものであり、不動産の開発や取引の従事者にCASBEEを活用できるよう、評価基準が策定されています。
評価項目は、「エネルギー・温暖化ガス」、「水」、「資源利用/安全」、「生物多様性/敷地」、「屋内環境」の5分類で構成されており、グローバルな環境評価であるLEEDなどの環境性能項目を意識した評価項目となっています。

CASBEEの詳細についてはこちらをご参照下さい。

SMBCサステイナブル ビルディング評価融資に基づく評価取得物件

物件名 所在地 評価ランク
Daiwa銀座ビル 東京都中央区銀座六丁目2番1号 ゴールド

Daiwa銀座ビルは、築50年を迎えるビルであるにも関わらず、「サステイナブル経営の方針と実践」、「持続可能な敷地利用」、「リスク管理」を始め、全般的に高い水準であると判断され、「ゴールド」の評価となりました。

特に、①全社的な環境配慮の取組みを進め、グリーン調達・廃棄物管理等の目標管理を開始している点、②竣工時に先駆的に導入したダブルスキンシステムを2003年の大改修の際にも承継し、西面の日射遮蔽によるヒートアイランド対策、空調負荷の軽減と入居者の眺望確保を同時に実現している点、③大改修の際、耐震補強工事を実施し、PML値9%台、各階のIs値0.6以上という高い耐震性を達成していることに加え、熱源機器や受変電設備を地階から屋上に移動するなどのBCP対策も備えている点、④飲食店を含む商業用途の比率が比較的高いビルであるにも関わらず、省エネ対策に積極的に取組んでいる点などが高く評価されました。

Daiwa銀座ビル GOLD

所在地 東京都中央区銀座六丁目2番1号
階数 地上12階/地下3階
建築時期 昭和38年7月23日
延床面積 12,660.06m2
物件名 所在地 評価ランク
E・スペースタワー 東京都渋谷区円山町3番6号 シルバー

サステイナブル経営の方針と実践、持続可能な敷地利用、室内環境、節水の面において高い水準であると判断され、「シルバー」の評価となりました。特に、①WEBサイト等を通じて環境方針を対外的に公表し、着実に環境配慮への取組みを進めている点、②東西面のカーテンウォールにLow-Eペアガラスを全面的に採用し、熱負荷低減による省エネ効果と、開口部からの採光、最大限の眺望確保を同時に実現している点、③排煙管理・室内温熱・音環境の管理など広範囲に亘り配慮している点、④大便器への節水型自動洗浄装置の採用や、自動止水栓機能付きの蛇口への変更など、節水性能の高い機器の導入を積極的に推進している点などが高く評価されました。

E・スペースタワー SILVER

所在地 東京都渋谷区円山町3番6号
階数 地上15階/地下1階
建築時期 平成14年10月31日
延床面積 18,145.04m2

SMBCサステイナブル ビルディング評価融資につきましては、こちらをご参照下さい。

DBJ Green Building認証取得物件

物件名 所在地 評価ランク
新宿マインズタワー 東京都渋谷区代々木二丁目1番1号 ★★★★

新宿マインズタワーでは、環境・省エネ配慮の技術を取り入れながら、多くの飲食店やクリニックなどのテナント利便施設も充実させることで、ビル居住性を向上させている点が高く評価されました。

DBJ Green Building 4つ星

所在地 東京都渋谷区代々木二丁目1番1号
地積 97,978.74m2
構造 S/SRC
階数 B3/34F
建築時期 1995年9月26日

<ご参考>DBJ Green Building認証のスコアリングモデル

DBJ Green Building認証のスコアリングモデルは、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が独自に開発した総合スコアリングモデルで、環境・社会への配慮がなされた不動産(“Green Building”)を対象に、5段階の評価ランクに基づく認証をDBJが行うものです。

DBJ Green Building認証の詳細についてはこちらをご参照下さい。

BELS評価取得物件

Daiwa神保町ビル、大和茅場町ビル、新四curumuビルは、平成28年3月3日付で建築物省エネルギー性能表示制度(Building Energy-efficiency Labeling System、以下「BELS」といいます)の評価として、それぞれ★★★、★★、★を新規に取得しました。

国土交通省では、非住宅建築物に係る省エネルギー性能の一層の向上及び不動産市場等における適切な情報提供に資するため、「非住宅建築物に係る省エネルギー性能の表示のための評価ガイドライン(2013)」を定めています。BELSはこのガイドラインに基づき、平成26年4月25日に開始された制度であり、新築・既存の別を問わず非住宅建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示制度です。評価は5段階の省エネルギー性能ラベリング(★~★★★★★)で表示されます。

物件名 所在地 評価(注) 評価取得日
Daiwa神保町ビル 東京都千代田区神田神保町二丁目4番地63 ★★★ 平成28年3月3日

(注)評価機関:一般財団法人 日本建築センター

階数 地上8階/地下1階
建築時期 1997年3月21日
延床面積 4,247.18㎡
物件名 所在地 評価(注) 評価取得日
大和茅場町ビル 東京都中央区日本橋茅場町一丁目1番11号 ★★ 平成28年3月3日

(注)評価機関:一般財団法人 日本建築センター

階数 地上8階/地下1階
建築時期 2010年4月30日
延床面積 5,843.65㎡
物件名 所在地 評価(注) 評価取得日
新四curumuビル 東京都新宿区新宿四丁目2-23 平成28年3月3日

(注)評価機関:一般財団法人 日本建築センター

階数 地上11階/地下2階
建築時期 2012年1月25日
延床面積 9,234.99㎡

※BELSの詳細についてはこちらをご参照ください。