ホーム > 個人投資家の皆様へ > J-REITとは


J-REITとは

概要

REIT(不動産投資)とは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産を購入し、そこから生じる賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。
REITという仕組みは、もともとアメリカで1960年に誕生し、「Real Estate Investment Trust」を略してREITと呼ばれています。また、日本では頭にJAPANの「J」をつけて「J-REIT」と呼んでいます。
J-REITは、証券取引所に上場していますので、株と同じよう(「投資証券」といいます。)に市場で売買を行うことができます。大和証券オフィス投資法人は、東京都心部のオフィスビルに特化したJ-REITです。

ページ上部へ

運用の仕組み

J-REITは、法律に基づき、「不動産投資法人」と呼ばれる会社のような形態をとっています。会社と異なるのは、会社は、自社において意思決定を行いますが、J-REITは、法律によって、運用などの実質的な業務を行うことが法律によって禁止されているので、資産運用の業務は「運用会社」に、資産保管の業務は「資産保管会社」に、一般事務は「事務受託会社」にそれぞれ委託されている点です。
われわれ大和証券オフィス投資法人も、資産運用業務を大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社に資産保管業務および一般事務を三井住友信託銀行株式会社に委託しています。

J-REITは、運用会社が立案した計画のもと、投資家から集めた資金や金融機関からの借入金ならびに投資法人債を発行して調達した資金を不動産などに対して投資し、購入した物件の賃料収入や、物件の売買で得られた収益を投資家に分配します。

運用の仕組み

ページ上部へ

J-REITの魅力

1.安定した分配金、相対的に高い利回り
分配金の原資は、多数の物件からの賃料などであり、安定した分配金、相対的に高い利回りが期待できます。
2.比較的、手の届く金額で投資できる
10万円前後から投資が可能であり、実物不動産への投資とは違い、比較的手の届く金額で投資ができます。
3.リスク分散、専門家が不動産を運用
不動産の専門家が複数の物件に投資して運用するので、リスク分散の効果があります。
4.高い流動性と分配性向
東京証券取引所に上場しているため、高い流動性を有します。
また、収益の大半を投資家に分配する仕組みとなっています。

ページ上部へ

J-REITのリスク

1.元本と利回りは保証されません
J-REITは、証券取引所に上場しており、取引価格が変動することから元本と利回りの保証はありません。
2.不動産市場の変動によるリスク
不動産市況の変動により、J-REITが保有する物件の賃料収入が減ったり、保有物件そのものの価格が低下したりすることで、価格や分配金が変動する可能性があります。
3.災害等のリスク
地震や火災の被災を受けた場合など、予想不可能な事態によって価格や分配金が変動する可能性があります。
4.上場廃止になるリスク
証券取引所が定める上場基準に抵触し、上場廃止になった場合には、取引が著しく困難になる可能性があります。

※主なリスクを記載しています。詳しくは下記を参照して下さい。